はりとお灸治療
 
  
院では「心地よい」ハリ、「熱くない」お灸を心がけております。使用する針は一回一回使い
 捨ての針ですので感染の心配はありません。 
 治療効果を持続させるため皮内針や円皮針を使うこともあります。
 お灸には患部を暖める棒灸や台座灸を使う症状によって使うこともあります

 
 
  お灸(左から点灸用、知熱灸、灸頭鍼))      通常は右橋の細い鍼を使用
          

当院の経絡治療
 
 東洋医学では気血が運行する全身を廻る道を経絡と言い、
 その経絡中の気血の流れが乱れると病気が起こると考えられて
 います。
 その気血の運行の乱れを調整することで人が本来持っている
 自然治癒力を蘇らせ、様々な症状を改善せしめ、健康を取り
 戻そうとする治療法が経絡治療です。
 
 治療の流れ

 脈診(腹部の診断を含む)→本治法(身体全体のバランスを調整)
 →標治法(局所の痛みやゆがみを調整)→検診で終了
 
 身体の不調とくに「気」の病ならマイルドな治療法である経絡
 治療をお薦めします。
 
 ご来院おまちしています。   

吸玉治療
 
 皮膚に吸玉(ガラスボール)を吸着させ刺激を与えることにより
 血行を良くして体内組織の改善と筋肉の凝りなどを改善します。

           

  

 吸い玉(カッピング)療法では、身体の中に溜まった老廃物を排出させ(デトックス効果)、血流を
 促進させて自律神経の調整、内臓機能を高めてくれます

 肩こり、腰痛、美容、自律神経失調症、体質改善などに効果
 
 皮膚刺絡とあわせると瘀血浄化作用があります


刺絡治療
 
 当院で行うのは井穴刺絡及び皮膚表面に認められる瘀血(細絡)
 に対して行う皮膚刺絡です。
 福田-安保理論による自律神経免疫療法として注目されています。
 当院の刺絡治療は日本刺絡学会の指針に従って治療しています
 

                                                 ホームへ戻る

   〒810-0063 福岡市中央区唐人町2丁目7-10-1F
 Copyright 2008 Wakaba Acupuncture Clinic All Rights Reserved