花粉症
鼻炎  当院の鍼灸治療

・はじめに

 
 鼻の病気で最近もっとも多いのがアレルギー性鼻炎でしょう。クシャミと鼻水、鼻づまり、眼の痒みと充血が
主な症状です。原因は杉や桧の花粉だといわれています。しかし、杉や桧は昔からあったが、アレルギー性鼻炎が多くなったのは最近のことです。
水や空気や食べ物が悪くなったためかも知れません。しかし、恐らくは暖房設備の完備そして密閉した部屋
で過ごすことが多いので、いわゆる風邪を受けたような状態になっているのでしょう。

 鼻炎になって・鼻水が出るのは、胃にある水が熱によって動かされるからです。熱は外に出ていこうと
します。あるいは上に昇る性質があります。
しかし、陽気が不足していれば充分に発散できない。 そのため上焦に多くなります。その時に水が動か
されて鼻水が出てきます。クシャミは熱による刺激のためで鼻づまりと目の痒みは熱が停滞するからです。
 
 鍼灸治療では、こうしたアレルギー性鼻炎あるいは花粉症に対しても相応の効果をあげています。
なかには95〜100%減という患者さまもおられます。脈状と腹証などに応じた鍼灸治療を行っています。
   
                                                

飾当院の花粉症・鼻炎鍼灸治療

春先の時期だけに限っていえば、体質改善のための治療まではとても間に合わないので、少しでも症状をとることがメインになってきます。それ以外の時期、つまり通年では、東洋医学的に言うと「気・血・水」とのバランスを整える治療をします。
 漢方でも言う水の代謝を良くし、免疫を高める治療をメインに行います。当院ではあくまでも証に従って治療する随証治療をしています。 

 花粉症
ではシーズン前からの定期的ケアで症状もだいぶ軽減されるようです。
手足や頭部、背部のツボを使って治療していきます。
お気軽にご相談ください。
                                             


TEL:092-771-3991(受付午後8時迄) わかばはり灸治療院    ホームへ戻る



  〒810 福岡市中央区唐人町2丁目7−10−1F
Copyright 2008 Wakaba Acupuncture Clinic All Rights Reserved