めまい・ふらつき 当院の鍼灸治療


・はじめに


 めまいは、からだの平衡をとるはたらきがわるいために起こる不愉快な感じをいいます。

・一時的な脳の循環障害
炎天下に長く立っていると、突然目の前がクラクラする感じで、立っていて、あるいは歩いていてバランスがとれなくなることがあります。
酒、たばこの飲みすぎでも起こります。このように原因のはっきりしている場合は、くり返さない限りあまり問題にしなくてもよいでしょう。

同じような症状は貧血、低血圧、高血圧、徐脈や発作性頻拍症などの不整脈、脳動脈硬化のある人にもよく起こります。特に低血圧の人では、寝ていて急に起きたときや、座っていて立ち上がったときなどに立ち
くらみが起こります。
女性では、月経時、妊娠時、更年期、そのほかいろいろの婦人病でも起こります。

また頭部外傷、脳出血、脳腫瘍(しゅよう)、不安神経症などの初期症状として、めまいが起こることがあります。
脳梗塞(こうそく)や一過性脳虚血発作のときも起こります。



・めまいの原因

めまいの原因 症 状
平衡感覚の異常 三半器官と前庭神経になんらかの理由で異常が発生
脳の異常 脳に問題を起こすことでめまいを生じる
全身性の疾患 生活習慣病が原因になるケースもある
生活習慣の乱れ 病気だけでなく生活習慣の乱れから起こる場合もある
加齢 年齢を重ねるとともに、平衡感覚をコントロールしている器官の働きは弱くなっていきます
自律神経の乱れや心の病 自律神経や心の病が原因でめまいに悩んでいる人が少なくありません。
薬の副作用 薬の副作用や交通事故によるケガが原因になることもあります

                                                         PageTop▲

・回転性のめまい
 
めまいとして特徴があるのは内耳の病気です。メニエル病といって、発作時にまわりがグルグル回るめまいがあり、耳鳴りと吐き気を伴います。
中耳炎や突発性難聴など、そのほかの耳の病気でも、よくめまいを起こします。
目の病気としては、単なる乱視や斜視くらいでも、めまいを起こすことがあり、このときにもまわりの物が動く感じになります

回転性 耳鳴り、難聴 メニエル病       吐き気
耳鳴り・難聴 突発性難聴      かぜや過労
耳鳴り・難聴 中耳炎         耳だれ、発熱
耳鳴り・難聴 内耳炎         耳閉感、吐き気
回転性 小脳出血        手足麻痺、言語障害
くも膜下出血      頭痛
良性発作性頭位
斜視           物が二重に見える
乱視           物がうがんで見える


ふわふわ感ふらつき

ふわふわ感・ふらつき 立ちくらみ 貧血           動悸、顔色蒼白
立ちくらみ 起立性調節障害   失神
立ちくらみ 低血圧症        頭痛、失神
ふわふわ感・ふらつき ふらふら感 高血圧症        頭重、肩こり
ふらふら感 発作性頻拍症     動悸
ふらふら感 脳出血・脳梗塞    手足のまひや意識障害、吐き気
ふらふら感 一過性脳虚血発作  しびれ、言語障害
ふらふら感 脳動脈硬化症     頭痛、不眠
ふらふら感 脳腫瘍         まひ、けいれん、頭痛
ふらふら感 心因性めまい     精神的なショック
ふらふら感 不安神経症      不安
ふらふら感 更年期障害      ほてり、肩こり


                                                             PageTop▲

 

当院のめまい・ふらつき鍼灸治療

・めまい(メニエール)

・診断
 
めまい、立ちくらみ、ふらつき等を主訴として見える方は結構多いものです。その中には貧血、低血圧、
高血圧、更年期障害、メニエール、慢性中耳炎、脳腫傷、過労などによるものがあります。

貧血によるものは立ちくらみが主で問題ないものが多いですが、病的な貧血があれば治療が必要です。
低血圧や高血圧によるものは、ふらふらするという程度で、目が回って起き上がれないというのは少ない。
更年期障害のものも、めまいというよりもふらつきや立ちくらみが主です。これらもそれなりの治療をすれば
治ってしまいます。
 
ここでは、いわゆる目が回って起き上がれない状態のもので、メニエールによるものが主です。
メニエールには耳鳴り、難聴、吐き気などを伴うことが多い。また原因不明のめまいもあるが、過労が原因
のことが多いです。
 
患者さまの多くは病院に行ってから鍼灸治療に来られます。 もし病院に行っていないのであれば、一度はきちんと した検査を受けらるのがよいでしょう。
背後に治療を要する疾患が隠れているとも限りません。
 
古典ではめまいのことを冒眩、目眩、頭眩、眩暈などと言います。 眩は目がくらむことで、暈は目が回る
ことです。

 

・治療
 
 女性はだいたいにおいて貧血がちです。何らかの原因があって(筋腫などの出血)貧血している時は、
その治療をしなければなりませんが、特別な病気がないのに貧血がある場合は鍼灸治療の適応です。
 証を立て全身の治療をすれば自然と治っていくようです。

 当院では全身の調整を主に手足のツボを用い時に耳のツボを交え鍼灸の古典にのとった治療を
行っています。

                                                          PageTop▲
                                                    
                                                                    
TEL:092-771-3991(受付午後8時迄) わかばはり灸治療院       ホームへ戻る



 

   〒810 福岡市中央区唐人町2丁目7−10−1F
Copyright 2008 Wakaba Acupuncture Clinic All Rights Reserved